ネットショッピングで話題の新製品や人気商品の情報など「カシコイお買い物」を応援します。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 サスケ「卒業の日」(1月25日リリース)、加藤ミリヤ「ソツギョウ」(2月1日リリース)など、卒業シーズンを迎え、"卒業"に絡んだ楽曲がリリースされているが、
「ORICON STYLE」では、
『タイトルに"卒業"、"graduation"が付く楽曲売上ランキング』TOP10を発表。
70年代の倉田まり子、80年代の菊池桃子、斉藤由貴、尾崎豊、90年代のSPEED、そして2000年代のタッキー&翼まで、多彩な顔触れが揃ったランキングとなった。

■1位を飾ったのはSPEED「my graduation」(147.5万枚)

彼女たちの6枚目のシングルで、初動売上56.2万枚は、アイドルグループとしては、当時の歴代1位の記録だった。98年の年間シングルランキングでも3位にランクイン。またアルバム『RISE』も200万枚を売上げ、同年の年間アルバムランキング9位にランクインするなど、彼女たちが大活躍した年でもあった。

■2位は、菊池桃子「卒業」(39.4万枚)

雑誌『MOMOCO』創刊イメージガールの、彼女の通算4枚目のシングルがこの作品で、ウィークリーシングルランキングで初の1位を飾った(85年3月11日付のこと)。日本テレビ系で主演した同名ドラマのテーマ曲だった。

■3位には斉藤由貴の「卒業」(26.4万枚)

85年は「卒業」ソングのヒットが目立った年で、他にも尾崎豊(1月リリース)、倉沢淳美(3月リリース)などもあり、菊池桃子が1位を取った3月11日付のウィークリーシングルランキングでは、
斉藤=10位、倉沢=30位と、TOP30に3作もの「卒業」ソングがランクインした。
 ちなみにこの曲は斉藤由貴のデビューソングでした。

※売上枚数データは、06年2月27日付の数字らしいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。