ネットショッピングで話題の新製品や人気商品の情報など「カシコイお買い物」を応援します。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焼酎大好きな私ですが・・・
最近ハマっている焼酎は「夢見る力」
これがまたウマイんです。

友人からプレゼントで夢見る力を頂き、飲んだところとっても美味しく、
焼酎は米ばっかりだったのですが、この夢見る力の味は、虜になりそうです。まるでウィスキーのようなとろみがあって、甘い香りがたまりせん。ボトルもキラキラしていて、見ていると贅沢な気分になれますね。


夢見る力 3年(麦)720ml
一滴一滴に旨味の全てが凝縮された焼酎。できればロックでいただきたい本格麦焼酎です。本格麦焼酎「夢見る力3年」


(送料無料)妖精の吐息(芋)720ml
一口呑めば、今までに味わったことのない芳醇で、ふんわりとした飲み口。そして、上品な中にも赤芋の主張がしっかりあり、余韻は甘く長い。赤芋焼酎「妖精の吐息」
スポンサーサイト
甲種と乙種について

焼酎は、酒税法により「甲類」と「乙類」に大きく分類されます。これは、製法(蒸留方法)による違いになります。

「甲類」の焼酎は、明治時代の終わりころに導入された連続式蒸留機によって造られる比較的新しい焼酎です。連続して蒸留することからアルコール含有物の持つ香味成分や雑味、不純物が取り除かれ、純度が高いアルコールが得られるのです。こうして抽出された焼酎は無色透明で、しかもクセのない味わいが特徴です。また、アルコール度数は36%未満に規定されていますので、誰にでも気軽に楽しんでいただける焼酎です。

「乙類」の焼酎は、単式蒸留機で蒸留したもので、原料の風味が残りやすい伝統的な製法で造られた焼酎です。この「乙類」焼酎を、本格焼酎といいます。アルコール度数は45%以下のもので、原料の持つフーゼル油などの香味成分や雑味などをあまり損なうことなく抽出するため、原料によって、その味わいや香り、風味が大きく異なります。原料は非常にバラエティに富んでおり、芋、麦をはじめ黒糖、そば、米などが使われています。


麹の種類について

焼酎造りに欠かせない麹は、自然界に生息するカビの一種です。主な麹には、白麹・黒麹・黄麹の3種類の麹があり、どれを使うかで味や香りは大きく異なります。

白麹で造った焼酎は、原料の柔らかさを感じさせるまろやかな口当たりが特徴です。一般的に多く飲まれているのも白麹の焼酎で、毎日飲んでも飲み飽きのこない味になります。

黒麹で造った焼酎は、特有のどっしりとした濃厚な香味があり、コクとキレのある焼酎になります。白麹に比べてインパクトを持つ味は、焼酎ブームにより全国的に広がり、黒麹の焼酎も増えています。

黄麹で造った焼酎は、さわやかな香りが漂い、フルーティーで軽快な飲み口となります。ロックで飲んでもうまい透明感のある黄麹は、新たな焼酎ファンを取り込んでいき、全国的な人気になっています。

常圧蒸留、減圧蒸留とは

単式蒸留で造られた焼酎は、さらに常圧蒸留と減圧蒸留に分けられます。

常圧蒸留とは、500年余の歴史を持つ伝統的な蒸留方法で、通常の大気圧(常圧)で蒸留します。水の沸点は100℃ですが、アルコールを含んだもろみは90℃ぐらいで沸騰します。そのため、沸点が高い微量成分も抽出されるので、原料が持つ本来の甘みや旨味、香りが楽しめます。また、貯蔵した時の熟成効果が高く古酒や長期貯蔵酒にも良いので、泡盛や風味を生かす焼酎の蒸留法とされています。

減圧蒸留とは、1970年代前半に登場した新しい蒸留方法で、機内の圧力を下げ低温で蒸留します。もろみの温度が40~50℃ぐらいの低温で沸騰するため、沸点の高い微量成分は抽出されず、雑身を含まない淡麗でソフトな味わいになります。常圧蒸留の焼酎に比べて軽くて飲みやすく、米焼酎や麦焼酎を中心に広く使われています。

↓酒蔵(さけぐら).com様より

酒蔵.comロゴ(黒)




月産量5倍の4万缶 /千葉
銚子市の特産物が詰まった「銚子風おでん」の缶詰が、
東京・秋葉原の電気街で爆発的に売れている。

製造元などでは缶、調味料の源醤(げんしょう)が不足気味となり、注文に応じられない状態で、関係者はうれしい悲鳴を上げている。
 銚子風おでんは市内の水産加工、しょうゆ醸造、製缶など異業種7社でつくった「まるごと千葉の会」(松本靖之会長)が00年5月に売り出した。総量280グラム(315円)の缶の中には、圧力釜でじっくり煮込んだイワシつみれ、ダイコン、昆布、丸ごとの卵など「オール銚子の味・8品目」が詰まっている。
 電気街では昨年12月から突然、「おでん缶ブーム」が起こった。各地のおでん缶と一緒に銚子風おでんも自動販売機や電気店頭に並ぶようになると、注文が相次ぎ、8000缶ほどの月産量では追いつかなくなった。
現在の月産量は5倍の4万缶にのぼっている。
 製造元の信田缶詰(信田臣一社長)によると、「テレビ放送などであっという間に人気になり、生産量の80%が秋葉原行き」という。【新沼章】

 ↓ まだ食べていない人は是非 ↓


一世風靡のこてんぐおでん缶が
「つみれ入り・大根入り・牛すじ入り」の夢のトリオでセット販売

『限定』元祖おでん缶「こてんぐ おでん」
3本セット福袋  価格 800円(税込)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。